お知らせ

B型肝炎感染被害者又はそのご遺族の方へ

お知らせ

7歳になるまでに受けた集団予防接種等(昭和23年7月1日から昭和63年1月27日までの間に限る)が原因で、B型肝炎ウイルスに感染した方と、その方から母子感染した方(これらの方々の相続人を含む)に対して、病態に応じ国から50万~3600万円等の給付金が支払われます。
B型肝炎に関する給付金を得るためには、基本的に「訴訟の提起→和解協議→和解の成立→社会保険診療報酬支払基金に対する請求」という流れを踏む必要があります。そのため、支給対象者に当たるのか、いくら請求できるのか、どのような資料を集めて提出するべきかなど、専門家による判断が必要になります。
当事務所では、様々な法律問題解決の経験を持つ弁護士が、それらを具体的に検討いたします。
B型肝炎給付金請求に関するご相談は無料で承っておりますので、心当たりのある被害者やそのご遺族の方は、ぜひご気軽にご相談ください。